映画「ラプソディオブcolours」

2014/07/31

夏・ヒマワリ 楽しんでるかーい


風雷社中の二つの拠点HASUNUMA-BASEとトランジットヤードの途中の踏切沿いに咲いていたヒマワリ^_^

おい、夏だぞ^_^楽しんでるか?

って言ってるような感じでしょ。



2014/07/30

オススメ外出先はこれだ!!!

いよいよ夏真っ盛りで外出支援も本格化してきました。

と、言うも、学の童たちは皆夏休みで毎日ヒマしているわけです。




ってなワケで庭野が最近行ったオススメ外出先は・・・






其一 品川エプソンミュージアム


品川駅前にある、水族館兼アミューズメントパークである。

水族館はイルカショー、アシカショーなどがコロッセオのようなところで繰り広げられ

なかなか迫力があるようだ。


アミューズメントパークは屋内ながらデカイバイキング船があり、これが案外怖い。

メリーゴーランドも海仕様な雰囲気なのである。









其二 品川エプソンミュージアム


品川駅前にある、水族館兼アミューズメントパークである。

水族館はイルカショー、アシカショーなどがコロッセオのようなところで繰り広げられ

なかなか迫力があるようだ。


アミューズメントパークは屋内ながらデカイバイキング船があり、これが案外怖い。

メリーゴーランドも海仕様な雰囲気なのである。







実は2日連続同じところに行った・・・


手抜きでなく、たまたまそういった希望だからっすよ―!!!!


そしてココに行ったのは初めてである。



クソ暑い猛暑にはもってこいの、避けられる避暑ポイントだと思いました。







去年の夏の写真を見ていると、この東急プラザの観覧車はもうないんだなーとしみじみ。



2014/07/29

夏だ!プールだ!外出支援でごさいますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

夏の夜の外出支援って言ったら、そりゃあなた、プールでしょナイターで。

横浜・元町から港が見えるが丘公園へ登る途中、外人墓地のほど近く、樹々に囲まれた古い煉瓦造りの元町公園プールがある。


みなさんお馴染みの元町商店街。

元町商店街と言えば


エアコンがんがん効かせてドアを開け放ち地球を冷やそうと頑張っている店舗が軒を連ねております(⌒-⌒; )

剛毅な話でごさいます。

そんな商店街から直ぐ五分くらいのとこに元町公園プールがあります。

樹々に囲まれたいるので、プカプカしていると、まさに森の中って感じ。

まわりには墓地もボチボチとあり

夏の夕涼みには最適でんがな^_^
プールでプカプカした後は
川を渡り


中華街で晩飯なんて、、、最高ψ(`∇´)ψ

ちなみにオーダーバイキングは平日夜がお勧め。
美味しく、安めに中華料理を浴びる様に喰ますψ(`∇´)ψまるでChinaシャワー

プールと飯の間に、中華街外れの銭湯に寄ってもまたよし!





2014/07/28

【吹き溜まりと呼ばれてしまう無秩序な場所で】

私が2年半にわたり運営してきた【じゃりかふぇ】のコトを

『子どもの吹き溜まり』

と称する方々がいる。

私はその呼称が不愉快なんだけれど、呼んでくれている方々が  ある種の愛情を持って そう称していることは知っている。

『吹き溜まり』
なんて呼ばれてしまうのは何故なのかな?………って、その答えを
私は最初から知っている。

【じゃりかふぇ】とは全国にいくつかある『おもちゃ図書館』のひとつ。
『おもちゃ図書館』ってのは  『障害の有無に関係なく子どもたちが遊ぶ場所』。

2年半前に  別件で初めて風雷社中にお邪魔したときに、「これからおもちゃ図書館を作ろうと思っている」と聞き、私は近所に住んでいるし、思うところもありボランティアを志願した。
思うところ…は、
自分の娘が遊べる場所を自分自身で作れるから。
そして、
近くにある児童舘より「立ち入り禁止」と言われて遊ぶ場所がなく  外を走り回り沢山のトラブルを起こしていた特別支援学級に通う男の子のような、そんな行き場の無い子どもたちも受け入れられる場所が作れると思ったから。


じゃりかふぇは

家庭が複雑で家にいられなかったり、

朝に目覚めてから夜寝るまで、誰も家族がいなかったり、

児童舘に拒否されたり

公園などで皆と上手く遊べなかったり

障害を持っていたり

なんて子どもたちが常連さんとなっている。
だから
    吹き溜まり  って言われているんだろう。
でも
『吹き溜まり』と呼んでいるのは、その子たちをあたたかく迎え入れてくださっている風雷社中の皆さんなんだ。愛情を持っての呼称なんですね。


吹き溜まるものは何か?
吹き溜める場所が他にあるか?
吹き溜まりから流れていく場所は何処か?
流れていくことが正解なのか?

私にはよくわかんないな

ただ解っているのは
じゃりかふぇの子どもたちは皆  私のことが好きらしいってコトでーす!

私は自分の娘以外の子どもは、相手をしたり一緒に遊んだりするのは面倒だし、相手をするとクセになるからしないんだけど、
それでも じゃりかふぇにいると 皆 私に色んな話をしてきたり報告をしてきたりする。
お菓子を分けてくれたり  マッサージもしてくれたりするんだょっ、
まっ、皆カワイイんだわっ!!
それは
多分
私が子どもを子ども扱いしないコトが理由なんぢゃないかと最近思っている。子どもっていったって   一人の人間なんだからね、
人間どうしとして付き合いたいなと思ってる。
『子どものくせに』とか『大人だから』とか、嫌ぢゃん★
子どもにも立派な人はいるし、大人なのにどーしよーもねーやっっっってのもいるぢゃん★


いや
でもあちらは私を友達だと思っているのかな?
だって
じゃりかふぇの開館前日とか当日には  私の携帯に子どもたちが電話をしてくる 
「もしもしー
今日はじゃりかふぇやってる?太田さんいるの?ラムネ食べる?持っていってあげようか?」
なんてねっ!!



ああそうか
あの子どもたちと私は友達になっているのかもしれない。
それで皆、私に優しくしてくれるのかな。

私は
吹き溜まりの中心になっているのかもしれないな。 
吹き溜まりの中で私が出来ることは、秩序無く吹き溜まるモノたちの居心地をあたたかくさせることなんだろう。




そんなじゃりかふぇでは
ボランティアさん募集中でーす(^O^)
無理して子どもと遊んだりしなくたって良いよ、ただ  子どもに求められたときに正面から向き合える人が希望ですっ!
もちろん子どもと遊びまくってくれる若い人も大歓迎!!!!
よろしくお願いいたします(^o^)/




オープンセッションに自分が出た回の事「格闘技×支援」のやつ

先日

ヘルパーさんに我らがオープンセッションを聞いたんですと伝えてもらった

しかも

その回は私が話をした「格闘技×支援」の回だそうで

面白かったですよ(^^)と言ってもらえたのです。



                  前半 



               後半


掘り起こして聞いてみたんだけど

けっこー話まとまってる感じじゃないの~

人前で話するの得意でないわりに

上出来

上出来

出木杉

出木杉

なんだかんだで1年経ちましたが

氣持ちを絶やさずに

少しづつ

着実に

自然と

強くなってると思うので

やりたい方はジムか

どっか広いとこ土地で

一緒に蹴りマスやりましょ(^^)

外出支援もね♪ 













2014/07/27

ヘイトスピーチって良くないよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ KAMATA・JUNKナイト 7月でした

2014.07.26の昨夜はKAMATA・JUNKナイト7月でした。

人種差別撤廃条約において
「人種的優劣又は憎悪に基ずく思想のあらゆる流布、人種差別の扇動、いかなる人種若しくは皮膚の色若しくは種族的出身を異にする人の集団に対するものであるであるかを問わず、すべての暴力行為又はその行為の扇動、及び人種主義に基ずく活動に対する資金援助の提供も『法律で処罰すべき犯罪』であることを宣言すること」と記されている
しかし、インターネットや街頭で人種差別、それに基づく暴力行為の扇動=ヘイトスピーチは執拗に繰り返されています。

そこで、今回のJUNKナイトではフリーライターの李信恵 이(리)신혜さんにヘイトをめぐる現状やその背景、そして、現状をどう変えていくべきかをお話して貰いました。

冒頭でヘイトスピーチの実態をまとめたDVDを上映し、李さんが淡々とヘイトスピーチってなんなのか、どれだけ酷い行為が行われてきたのか、そしてカウンターの動き。

ヘイトスピーチは、その背景や思想信条に関わらず認めたり、黙認してはならない犯罪的な行為であり、対処療法として阻止していかなくてはならない。
そして、同時に、その背景となる「差別」が生まれにくい方策も必要だと感じました。

また、在日差別や沖縄差別、障害者差別など様々な差別の被害者が横断的な繋がりをもつコトが状況を変えていくのではないだろうかと。


KAMATA・JUNKナイトは風雷社中の地域交流イベントで、5月には地雷廃絶キャンペーンについて、7月はヘイトスピーチについてと重要なテーマを取り上げました。

今年度は9月、11月、1月、3月と開催する予定です。

2014/07/23

暑いね(>_<) って訳で外出支援も涼を求めてΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

暑いね(>_<)

平日の外出支援で夕方のお散歩なんて定番なんですが、、、暑いね(>_<)

って、まだまだ夏の入り口でへこたれるヘタレガイドヘルパー中村です。

どこを散歩するかは、利用者と相談しながら決めるのだが、如何せん言葉で思いを伝えるコトが苦手なかれら

あっち、こっち、あそこ、ここと色々提案したりしながら、表情や行動から気持ちを読みとり、、、読みとれずを繰り返して、いい感じだったり、しっくりしなかったりを繰り返し、、、なんだが、、、暑い日は「涼しいとこ」で意見が一致しやすい気もしなくもない。

って訳でファーストフードでオヤツをしてみたり^_^




2014/07/22

『ふうラボ』編集部便り(2014年7月)

「ふうラボ、今月もできたって?」
「ええ、なんとか完成しましたね。今月もたくさんの負傷者を出しながら…」
「ナワケないでしょ? 今月はインタビューないの?」
「中村御大から、夏休みだし、今月号はプールの話にしよう、という提案がありまして、つい…」
「ノってしまったと。でも、プールの話はいいんじゃない? 夏になってから、もうけっこう行ってる?」
「行ってますね。外出支援の利用者さん、プールが好きな方は多いですから。でも今月のふうラボに載っているプールの話は、そういう話じゃあないんですよ旦那」
「するってぇと、なんだい、プールが降ってくる話でも載っている? 豚が降ってくる話ってぇのがあったね」
「じつはね、そうなんですよっ! 驚いたでしょう?」
「よくわかんねぇな。プールが、どうして降ってきたりするんだい?」
「降ってくるだけじゃないです。猛スピードで飛んだりもするんですよ」
「なぁんだか、ホラー話だね、それじゃあ」
「ホラーみたいですよ。でも、現実にある話なんです。つづきは読んでから…」


この番組は、ファイト・フォー・ユア・ライト──風雷社中の提供でお送りしました。また来月、セームチャンネル、アバウトタイムにお会いしましょう。では、ごきげんよう、サヨウナラ!


2014/07/20

障害者だましのモンキービジネスじゃない方がイイと思うようΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

最近、知的障害児者への支援や障害理解についての学習会やイベントが増えてきていていーなあと思う反面、ケア・所得の保障を取り上げたものは相変わらずレアだなあと。

これは多くの人が何処に着目しているかのあらわれなんだろうなあと思っている。

また家族支援・支援者支援などの周辺事象についての取り組みもチラホラ現れているのも特徴的だろ。


捻くれた見方をすると

「知的障害児者が自立する為に必要なケア・所得の保障について取り組むと社会全体って大きな困難に挑まなくてはならないが、現状の支援の在り方や障害理解を深めたり、家族・支援者って当事者周辺で置き去りにしてきた課題に取り組んだ方が、みんなも興味持つしやった感じもするから」って見えたりもする。


七月のトーキングギグでは障害者施設への批判と提案の中でチョコっとここに触れられたきがしている。


八月のトーキングギグで【外出支援・ガイドヘルプ】の話を通し、ケアの保障の在り方に近づけた話ができたらいーなあ。


中途半端なケアを人質に、差別の尻拭いをして、障害者を弄くり回すことに悦にいってる「障害者だましのモンキービジネス」ではない【外出支援・ガイドヘルプ】について話をしようかと♪


トーキングギグ  【中村和利】その2

https://www.facebook.com/events/813183118693881/

2014/07/16

カテゴリに縛られない多様性ある若者支援のハジマリはじまりΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

風雷社中とバリアフリー社会人サークル・カラーズが連携して運営しているトランジットヤードは、この5月に唐突に降って湧いたかのようにも見えますが、実はシッカリと伏線があります^_^

昨年度、風雷社中はWAMの助成を受けて若者支援大田区地域ネットワーク構築事業ってのをやり、その中でEBAKOU-BASEって若者の居場所・拠点作りや若者支援のネットワーク会議を実施していました。


※昨年度の報告書はトランジットカフェ・カラーズで配布しています^_^



そこで見えてきた課題や仕組みのありかたなどを踏まえ、トランジットヤードは若者の自立を具体的に支える居住支援や居場所としてのコミュニティカフェ作り、、、多様性をもち、関わりたい人へのハードルを低くする、、、など。

そして、トランジットヤードの管理とカフェスペースの店長の太田さんは、昨年度のEBAKOU-BASEのボランティアスタッフでもありました。


トランジットヤードは風雷社中の若者支援事業第二ラウンドだったりもするのです^_^





2014/07/15

支援スタッフ募集していますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

地域で自立生活をする障害者の生活支援や社会参加支援に一緒に取り組んでくれる方を募集していますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

月曜〜金曜
◎時間
・16:00〜23:00
・23:00〜09:00
◎支援内容
・外出  買い物、散歩、カフェでお茶
・身体介護   トイレ、入浴、食事
・家事支援   掃除、洗濯、調理など

◎勤務地
東京都大田区東矢口
最寄り駅   東急池上線蓮沼駅

◎時給  950円から

詳細は風雷社中事務局まで
in@fuu-rai.com


2014/07/10

ガイドヘルプって、、、楽しいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ 目黒編

先日のガイドヘルプはプールってオーダーでござる。

初めてだったのだが、目黒のはちくりうすさんからオススメされていた緑ケ丘小学校の屋内温水プールに潜入してきてみた。

イヤイヤ、なかなか良いプールではないか^_^
学校プールだから浅いが、明るくて、更衣室も広く、空いている。
自由が丘の駅からも徒歩で数分といー感だ。

プール後は、碑文谷方面を散策して目黒の秘湯に。
まあ、普通の温泉銭湯なんだが、ミニ露天風呂あり、寝っ転がれる畳の休憩コーナーありで、いやいや寛げる。




また近くの商店街に洒落た古道具屋があり冷やかしてみたり。

ヘイ、ブラザー♪

良き休日になったかな^_^

2014/07/08

東洋の魔都 新大久保にてライブでした


庭野っす。


日曜日に3年ぶり?にバンドでライブやってきました。新大久保っす。特異な街であった。

日頃飲みに行っている地元「UQAN」のマスターや常連さんで組んだ即席バンド。
3ヶ月前くらいから練習し始めてあっという間に当日迎えましたわ。

※ちなみにUQANはジャンクナイトで名物ナポリタンをケータリングでお願いしたことがありました



まぁ、とりあえずテキーラショットで景気付けっす。





本番中もさながらだが、皆酒を飲む飲む。
不肖庭野はライブ手前くらいに記憶は朧げだ…!

結局二次会も記憶ままならず、韓国焼肉屋で打ち上げたが、美味いかどうかすら覚えてなかった。今日「答え合わせ」(記憶の回収)しにいったら、やたらミノをうんめーうんめーと食いまくっていたらしい。





来てくれたお客さんが今NYにいる友人にライブ写真を送ったみたいで、即描いてくれたイラストを送ってもらいました。ありざます!!



またやるかな、やれるかな。

2014/07/04

2014-07 KAMATA・JUNKナイト『 ヘイトスピーチってよくないよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ』

2014-07 KAMATA・JUNKナイト『ヘイトスピーチってよくないよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ』

人種差別撤廃条約において
「人種的優劣又は憎悪に基ずく思想のあらゆる流布、人種差別の扇動、いかなる人種若しくは皮膚の色若しくは種族的出身を異にする人の集団に対するものであるであるかを問わず、すべての暴力行為又はその行為の扇動、及び人種主義に基ずく活動に対する資金援助の提供も『法律で処罰すべき犯罪』であることを宣言すること」と記されている。しかし、インターネットや街頭で人種差別、それに基づく暴力行為の扇動=ヘイトスピーチは執拗に繰り返されている。
今回のJUNKナイトではフリーライターの李信恵 이(리)신혜さんに登場いただき、ヘイトをめぐる現状やその背景、そして、現状をどう変えていくべきかを喋って頂きます。

              
話題提供者 
李信恵 이(리)신혜 さん 自己紹介  
@rinda0818
在日コリアン2.5世、中途半端なマイノリティですがごく普通に生きてます。
ライターとして、日々あちこちでニュースを配信。法律もぼちぼち勉強中。
大阪、ときどき東京、たまに韓国
                  
ガジェット通信 「差別はネットの娯楽なのか」シリーズを執筆。

2014年7月26日 18:30~20:30

会場 大田区消費者生活センター 
(〒144-0052 東京都大田区蒲田五丁目13番26号の101)

参加費 500円 (おつまみあり) ワンドリンク 100円

プログラム
18:30 トーク1 
「ヘイトスピーチってよくないよ」 李信恵さん

19:30 トーク2 
セッション 李信恵さん 茂野俊哉さん 田中庸介さん

20:00 懇談
20:30 解散

KAMATA・JUNKナイトとは
特活!風雷社中が主催する地域交流を狙いとしたイベントです。
時にはタダの飲み会、時には社会問題を語り、時にはタダの飲み会、またある時は、、、色んな人や、色んな価値観や、色んな経験がJUNCTIONしていく場面を狙っています。

特活!風雷社中とは
特定の状況にあるために社会的に不利益な状況にさらされている人々が、自分らしく自由に生きられ、差別をされることなく、社会の一員として認められる社会を作って行く事を目的とし
ソーシャルインクルージョンを推進して、弱者分離の状況を改善し、競争や特定の『価値』の交換のみが基盤ではない社会を作ることが必要であると考え
ノーマライゼーションを推進することと、支援の体制を社会全体で支えていく仕組みを生み出し、支援を支える社会へと社会を変革していくことを目指す特定非営利活動法人です(^o^)

主催・連絡先:特定非営利活動法人 風雷社中 
TEL 03-6715-9324  FAX 03-6715-9327
mail in@fuu-rai.com

2014/07/03

寅屋LIVE、、、初夜でした


先日の庭野くんの投稿に続き、寅屋LIVEの話を少し




このLIVEは、いわゆる商品価値のある演奏を金を払って聴くってスタイルのものではない。

演奏をするのは上手な人もいれば、下手くそな人もいる、そして同じ参加費を払う。

演奏をする人もいれば、演奏をしないで聴くだけの人もいる、そして同じ参加費を払う。

音楽のある場面を色んな立ち位置で共有して、その音楽と場面を愉しむLIVE。

軽く飲み食いしながら、おしゃべりしながらリラックスして愉しむ。

、、、ってカラオケじゃん(^^)、そうカラオケの愉しみ方と似ている、、、でもカラオケって歌だけなんだよね、演奏できないし、自分のオリジナル曲もできないし、あまりにもマイナーな曲はないし。

そんな寅屋LIVEに参加してみたい方は是非、ご一報ください(^^)




投稿 by バリアフリー社会人サークル Colors.



投稿 by バリアフリー社会人サークル Colors.











2014/07/02

トラヤトラーヤ

庭野っす。






日付跨ぎましたが一応火曜更新ということで

昨日はColors Cafe営業開始と共に一発目のイベント「寅屋LIVE」が行われました。

トランジットード

だからトラヤってわけすね。




出演者は5組・・・のはずが飛び入りで独唱する方がいたり、楽器使わずYOUTUBE流す方がいたりある種予想通りの雰囲気でした。





その独唱の方






毎月第1火曜日はこの寅屋LIVEです。

出演希望の方はまあ、飛び入りで歓迎!!ホァンヨン!!!!