2014/07/28

【吹き溜まりと呼ばれてしまう無秩序な場所で】

私が2年半にわたり運営してきた【じゃりかふぇ】のコトを

『子どもの吹き溜まり』

と称する方々がいる。

私はその呼称が不愉快なんだけれど、呼んでくれている方々が  ある種の愛情を持って そう称していることは知っている。

『吹き溜まり』
なんて呼ばれてしまうのは何故なのかな?………って、その答えを
私は最初から知っている。

【じゃりかふぇ】とは全国にいくつかある『おもちゃ図書館』のひとつ。
『おもちゃ図書館』ってのは  『障害の有無に関係なく子どもたちが遊ぶ場所』。

2年半前に  別件で初めて風雷社中にお邪魔したときに、「これからおもちゃ図書館を作ろうと思っている」と聞き、私は近所に住んでいるし、思うところもありボランティアを志願した。
思うところ…は、
自分の娘が遊べる場所を自分自身で作れるから。
そして、
近くにある児童舘より「立ち入り禁止」と言われて遊ぶ場所がなく  外を走り回り沢山のトラブルを起こしていた特別支援学級に通う男の子のような、そんな行き場の無い子どもたちも受け入れられる場所が作れると思ったから。


じゃりかふぇは

家庭が複雑で家にいられなかったり、

朝に目覚めてから夜寝るまで、誰も家族がいなかったり、

児童舘に拒否されたり

公園などで皆と上手く遊べなかったり

障害を持っていたり

なんて子どもたちが常連さんとなっている。
だから
    吹き溜まり  って言われているんだろう。
でも
『吹き溜まり』と呼んでいるのは、その子たちをあたたかく迎え入れてくださっている風雷社中の皆さんなんだ。愛情を持っての呼称なんですね。


吹き溜まるものは何か?
吹き溜める場所が他にあるか?
吹き溜まりから流れていく場所は何処か?
流れていくことが正解なのか?

私にはよくわかんないな

ただ解っているのは
じゃりかふぇの子どもたちは皆  私のことが好きらしいってコトでーす!

私は自分の娘以外の子どもは、相手をしたり一緒に遊んだりするのは面倒だし、相手をするとクセになるからしないんだけど、
それでも じゃりかふぇにいると 皆 私に色んな話をしてきたり報告をしてきたりする。
お菓子を分けてくれたり  マッサージもしてくれたりするんだょっ、
まっ、皆カワイイんだわっ!!
それは
多分
私が子どもを子ども扱いしないコトが理由なんぢゃないかと最近思っている。子どもっていったって   一人の人間なんだからね、
人間どうしとして付き合いたいなと思ってる。
『子どものくせに』とか『大人だから』とか、嫌ぢゃん★
子どもにも立派な人はいるし、大人なのにどーしよーもねーやっっっってのもいるぢゃん★


いや
でもあちらは私を友達だと思っているのかな?
だって
じゃりかふぇの開館前日とか当日には  私の携帯に子どもたちが電話をしてくる 
「もしもしー
今日はじゃりかふぇやってる?太田さんいるの?ラムネ食べる?持っていってあげようか?」
なんてねっ!!



ああそうか
あの子どもたちと私は友達になっているのかもしれない。
それで皆、私に優しくしてくれるのかな。

私は
吹き溜まりの中心になっているのかもしれないな。 
吹き溜まりの中で私が出来ることは、秩序無く吹き溜まるモノたちの居心地をあたたかくさせることなんだろう。




そんなじゃりかふぇでは
ボランティアさん募集中でーす(^O^)
無理して子どもと遊んだりしなくたって良いよ、ただ  子どもに求められたときに正面から向き合える人が希望ですっ!
もちろん子どもと遊びまくってくれる若い人も大歓迎!!!!
よろしくお願いいたします(^o^)/