2014/08/17

【排除しない教育・排除する学校…なのか】

【排除しない教育・排除する学校…なのか】


人が人を
無意識であっても意識的にであっても差別するということは、
とどのつまり そういう教育をされたということなんだろう
って思う。
教えた人や環境が、意識的にであったのか無意識であったのかは確かめようがないけれどね。




にしていーのかどーなのか
私の個人的な問題だけではなくなってしまったので書かずにいたけれど、
他に先に書いちゃった人がいるからね  私も書いちゃおう(^O^)
真実だからね。




「障害児と健常児を一緒の場所で勉強させるなんて、そしたら健常児が勉強できないじゃない。
そんなのオカシイでしょ?成功するわけない」
って  区が選出した審査員先生に言われた。

私は怒るとか悲しいとかって感情よりも、そんなコトを堂々と言い切ってしまえる人が今どき存在するのだ…ということにビックリしてしまった。



障害児と健常児を一緒の場所で遊ばせる  大田区唯一のおもちゃ図書館『大田おもちゃライブラリー じゃりかふぇ』の運営を私はしている。
障害児が近所に住む健常児と遊べる場所は地域にほとんど無くて、
『風雷社中がおもちゃ図書館を作ろうとしている』という話を聞いたときに私はボランティアを志願し  運営を始めて2年半になる。
   障害児のため
も  もちろんあるけれど
私は
   健常児のため
にやっているという気持ちのほうが強い。
健常児に『自分たちの遊ぶ場所に障害者がいるのは、特別なことではない』ということを感じさせたくてやっている。


その『じゃりかふぇ』で
【障害の有無に関わらず一緒に学べる無料学習指導塾】という企画をし、大田区に助成金申請をし、
その助成金審査会で審査員から言われた言葉が先ほど書いた言葉だった。

「特別支援学校っていうのがあるの、あなた知らないでしょ?
私は見学に行ってるしよく知っている。
障害児と健常児は一緒に勉強させることができないから、ああいう風になっているんですよ!!
あなたの言っているように『同じテーブルを囲んで』『小さなスペースで』障害児を健常児と一緒に勉強させれるわけがないです!」と言われたので、
私は障害児と健常児を同じ場所で遊ばせるコトを続けてきましたし
最初は障害者を色メガネで見ていた子どもたちも、今は側にいても何も気にしていませんよ。

勉強だって、障害者がいても気にしないと思いますけど。
私は障害がある子どもにも無い子どもにも、同じ環境を提供したい。
子どもは環境に適応しますよ、
私は絶対に成功させます」と反論すると
「私は人権のほうの活動もしているのですよ、あなたは発言に気をつけてください。
せいぜいがんばってください(笑)」と うす笑いされてしまった。


いやいや昼時でしたが食欲が湧かないくらいにドヨーンとしてしまい、
重い足と心を引きずって じゃりかふぇに帰ると、
そこに私と関わりのある『DET障害平等研修』の事務局さんと『風雷社中』の代表と職員さんが会議をやっていたので、この審査会の話を報告するやいなや全員が怒りまくり
「なんだそりゃ!?絶対に見過ごせない!!!今すぐに区役所に行くぞっ!!!」と
その場で審査会の会話を書き出し 3人で区役所に向かった。

で、
『これは差別事例である。区としての回答をいただきたい』と申し入れに2回行ったんだけれど…

結果、
ここからが 私が一番悲しかったことなんだけれど、
区の担当者は

審査員の発言に問題があるとは思っていなかった。
何故私たちが怒っているのかがわからなかった。
審査員の発言に問題があるなんて全く思っていなかった。
その後、
担当者は区の障害福祉課に行き  何故私たちが怒っているのかを質問して  差別ってのを習ったそうですよ、差別事例に当たるって言われても仕方がないことなんだってのを習ったそうですよっ、

ちゃんちゃん♪♪♪




で、今、
この夏休みにじゃりかふぇでは
総ての子どもが誰でも来られる【学習指導塾】を始めた。
東大卒業 慶應義塾大学大学院卒業 個別指導塾講師 家庭教師の経験者である院生君ってあだ名の男の子が  ボランティアで講師をやってくれている………ありがたやありがたや♪♪
中学3年生健常の受験生と  中学3年生の障害児が 狭い狭いTRANSIT☆CAFE【colors】の中で、一緒に勉強している。
院生くんは同じ中学3年生に『相似』と『四角形の面積』という まるで違う数学と算数を分け隔てなく教えてくれている。
言うまでもないが、助成金は落選したために、毎回500円を子どもからいただいて学習指導塾を開催している。
障害のある子どもも受け入れているし、 経済的な理由で塾や家庭教師につけない子どもにもどんどん来てほしい。
院生くんは他では高給で家庭教師をやっている男の子なんだ…ありがたや♪ありがたや♪♪♪♪




世の中には色んな差別があるんだろうし
私が知らないこと事実は沢山あるんだろう。

私は私の知り得る限りの差別的なコトを
ただのオバチャンである私個人が出来得る限りのやり方で やり得る限りの範囲で…それはとても微々たるものであることは重々承知をしているが…
なんとかできることがあるのならば私がなんとかしてみたいんだ。



知らんぷりとは
仕掛けてくる側と同罪
って
私は考えているからね。



10月11月12月に TALKING GIG colorsでは
【排除しない教育・排除する学校 どうする?】
ってトークライブを開催する。
スピーカーはなんと!!
あの
野口晃菜さんだっ!
https://www.facebook.com/events/705002226239227/