映画「ラプソディオブcolours」

2017/10/26

【特別企画】公開ワークショップ『あなたの「職場」、あなたの「暮らし」の中の「障害」を解決するために』障害平等研修: DET

公開ワークショップ『あなたの「職場」、あなたの「暮らし」の中の「障害」を解決するために』
障害平等研修: DET




福祉リノベーションスクールの公開ワークショップ

『あなたの「職場」、あなたの「暮らし」の中の「障害」を解決するために』障害平等研修: DET』

どなたでも参加できます。

◯内容:「障害つてなに?」「障害ってどこにある?」を障害者ファシリテーターと一緒に対話を通して発見していく発見型ワークショップです。
そして、自分自身が「障害」を解決していくための行動をしていくきっかけを作ります。

◯日時:2017年11月5日(日)13:10〜16:10

◯参加費:無料

◯会場:大田区消費者生活センター大集会室

◯定員:40名

◯対象者:どなたでも参加できます

◯申し込み方法:事前申し込み メール先着順
・送り先:guidehelper@fuu-rai.com
・件名:DET一般参加
・内容:氏名
    電話番号
    お住まい



◎福祉リノベーションスクール「ガイドヘルパーから始めよう」とは
福祉リノベーションスクールの受講により、東京都指定の移動支援従業者(ガイドヘルパー)の研修課程を修了できます。短期間で修得が可能なこの研修は障害児者支援に馴染みのない層にとって敷居の低いものです。
低価格で受講ができることにより地域住民が気軽な学びとしてガイドヘルパー研修を修了して地域に知識を持った人を送り出す効果があります。
障害者の人権について発見型の研修(障害平等研修)と地域のボランティアセンターやNPO団体が活動についてレクチャーを実施するプログラムを併設することでNPO活動などへの誘導を図ることを狙いとしている。
福祉と関わりの薄かった地域の様々な人材(ニート、フリーターなどが一時的に、また社会人がWワークとして)公的支援に関わる事で、障害児者支援の体験とスキルを習得し、地域で福祉活動を支えていく人材となることも狙います。
①ガイドヘルパー養成研修(移動支援従業者養成研修)
を軸にして...
②障害平等研修(DET)(公開ワークショップ 無料)
③地域活動ワークショップ
の3本立ての講座です。
https://docs.google.com/document/d/1GNgX_JbN5244koS2pK6Kxu9kMcwfcY1OsBQQ92-7TH0/edit

◎障害平等研修とは
DETは英国で障害者差別禁止法(1995年施行)を推進するための研修として発展してきました。女性差別(ジェンダー)や人種差別に関する人権教育と目的を同じにする研修です。
DETの目的は、単に障害についての知識の獲得ではありません。DETは、参加者が所属する企業や団体における障害者差別や排除の状況を分析し、参加者自身がそれを変えていく行動の主体となることを目的とする行動指向型の研修です。障害平等研修フォーラムでは、障害者差別解消法の施行と共にその取り組みを始めました。
障害平等研修とは?
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brick/5813/sub1.html

◯問い合わせ
NPO法人風雷社中  担当:定岡
メール:guidehelper@fuu-rai.com
電話:03-6715-9324

2017/10/05

ガイドヘルパーから始めよう♪ 福祉リノベーションスクールが始まっています

2017年11月、12月、2018年2月開催!!

【福祉リノベーションスクール】
ガイドヘルパーから始めよう〜移動支援従業者養成研修~

Q:福祉リノベーションスクールってなに...?
A:ガイドヘルパー養成研修を軸として、地域の中に障害者支援や地域の支え合いを担う人材育成を狙いとした講座です。

Q:具体的には、なにをするの?
A:ガイドヘルパー養成研修、DET障害平等研修、地域活動ワークショップと3つの学びをしていただきます。

Q:ガイドヘルパー養成研修って?
A:全体を通してガイドヘルパーになるための講座と演習がメインになります。これは東京都指定の移動支援従業者養成研修なので、研修終了後はガイドヘルパーとして働く事が可能になります。
(東京都指定事業者番号【東障知学0067】:知的障害者移動支援従業者養成研修課程(通学形式)

Q:DET障害平等研修って?
A:障害平等研修は、障害者の社会参加や多様性に基づいた共生社会を作ることを目的として、障害者自身がファシリテーターとなって進めるワークショップ型の研修です。
最新の障害支援の視点と行動へのヒントを学ぶことが出来ます。

Q:地域活動ワークショップって?
A:大田区で福祉活動をしている団体から講師を招いて活動についてお話があります。
講義でレクチャーを受けた後に2~3時間で1回の地域活動の体験をします。
研修4日目終了後、修了式までの約1ヶ月の間に地域活動団体にボランティアとして参加して、実際に地域ではどんな活動展開されているのかを学びます。
受講生は研修中に協力地域団体の中から参加希望団体を選択します。

Q:参加費は?
A:参加費は、より多くの方に参加をして欲しいので、500円と参加しやすい設定です。

そんな盛りだくさんで全てが詰まっている、お得な5日間の研修です


〇11月研修 日程
<研修>
11月  5日(日)  9:30~16:10
                    (会場:消費者生活センター大集会室
11月11日(土)  9:30~16:20
                    (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル
11月18日(土)  9:20~16:30
                    (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル)
11月25日(土)  9:20~16:30
                    (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル

<修了式>
12月16日(土)10:00~12:30
                        (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル


〇12月研修 日程
<研修>
12月16日(土)10:30~12:30 
                        (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル)
12月24日(日)    9:30~16:20
                      (会場:大田区産業プラザPiO A会議室)
  1月  6日(土)    9:20~16:30
                  ( 会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル
  1月13日(土) 9:20~16:30
                  (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル)
<修了式>
 2月11日(日)12:30~16:10
                    (会場:消費者生活センター大集会室)


〇2月研修 日程
<研修>
 2月11日(日)9:30~16:10
                     (会場:消費者生活センター大集会室)
 2月17日(土)   9:30~16:20
                    (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル
 2月24日(土)  9:20~16:30
                   (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル)
3月3日(土)  9:20~16:30
                    (会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル)
<修了式>
3月24日(土)13:30~16:00(会場:ふれ愛ドゥライフ 東京都品川区南品川5-3-10 ミヤデラビル)

◎2018年度も実施予定があります♪
 詳細は後日このブログで発表

参加費用(テキスト代含む)
   個人からの申し込み500
    移動支援に関わる事業者からの申込み10,000
     ※受講料のお問い合わせは風雷社中受講者担当窓口(03-6715-9324)定岡まで。
        参加費は申込時に振り込みでお支払いください。
    ※申し込みに際し公的証明書での本人確認あり






☆この研修は東京都共同募金会A配分の助成を受けて実施しています。

問い合わせ
特定非営利活動法人風雷社中
東京都大田区東矢口3-31-8HASUNUMA-BASE
電話 03(6715)9324
mail guidehelper@fuu-rai.com

◯申込み方法:以下の申し込みフォームより
・11月コースをご希望の方はこちら

12月コースをご希望の方はこちら
https://goo.gl/forms/JSepC5wUxOHldVKn1

・2月コースをご希望の方はこちら
https://goo.gl/forms/MrlJVGDhb3IKAQl22

 (応募者多数の場合は先着順で受講を決定)

2017/10/01

福祉リノベーションシンポジューム 2017 「障害福祉・介護人材不足を乗り切るために〜新しい労働層の開拓と育成(仮)」

福祉リノベーションシンポジューム 2017

障害福祉・介護人材不足を乗り切るために
〜新しい労働層の開拓と育成〜

なぜ、障がい児者支援には人があつまりにくいのか?
ニート・フリーターなどの流動的労働層の採用が生み出すメリット
ニート・フリーター人材の育成と定着のために



講師:田島誠一氏
   日本福祉大学福祉経営学部 招聘教授
   合同会社 Tkt福祉経営研究所 代表
   
・日時 2017年10月29日(日) 19:00〜
・定員 80名 当日先着 申し込み
・参加費 無料
・会場 大田区産業プラザPio 特別会議室
    東京都大田区南蒲田1丁目20−20  

・対象 品川、大田、目黒、川崎の居宅介護事業者及び障がい児者通所施設関係、区市障害福祉課、区市社会福祉協議会 一般参加OK


プログラム
・講演「障害福祉・介護人材不足を乗り切るために〜新しい労働層の開拓と育成(仮)」
・情報提供【ガイドヘルパーから始めようキャンペーン】新しいスタイルの求人戦略
 SNSと口コミ、地域ネットワークを活用
 複数事業者と当事者家族との連携について
・福祉リノベーションスクールの狙いと概要の説明 



福祉リノベーションスクールは、東京都指定の移動支援従業者(ガイドヘルパー)の研修課程を軸に実施。短期間で修得が可能なこの研修は障害児者支援に馴染みのない層にとって敷居の低いものであり、この事業への参加動機を生み出す役割が期待される。
障害者の人権について発見型の研修(障害平等研修)と地域のボランティアセンターやNPO団体が活動についてレクチャーを実施するプログラムを併設することでNPO活動などへの誘導を図ることを狙いとしている。

◯問い合わせ
特定非営利活動法人風雷社中
東京都大田区東矢口3-31-8HASUNUMA-BASE内
電話 03(6715)9324 mail guidehelper@fuu-rai.com

主催 特定非営利活動法人風雷社中
協力 ガイドヘルパーから始めようキャンペーン実行委員会


☆この研修は東京都共同募金会A配分の助成を受けて実施しています。


ダウンロード.jpg