2020/06/20

クラウドファンディング開始!地域のシニアに、低価格の【ガイドヘルパー養成研修】を開講したい!

NPO法人風雷社中では「地域のシニアに、低価格の【ガイドヘルパー養成研修】を開講したい!」と題して、その資金確保に向けてクラウドファンディングを開始しました。



 プロジェクト概要を引用します。
1.プロジェクト概要 
大田区内に在住する、地域のシニア世代の方々を主な対象にしたガイドヘルパー研修の開催
「ガイドヘルパーから始めよう」キャンペーンと連携しながら、「ガイドヘルプを介して、地域で暮らす知的障害者と、地域の人たちが、出会い・つながる」を目標とした研修。具体的には、
①地域の方が参加する研修:地域の公共施設等を会場とし、地元の町会の方々の協力もいただき、地元の方々が参加しやすい研修。
②シニア世代の方々の参加しやすい研修:ヘルパー不足の中、現在もシニア世代のヘルパーに大きく支えられています。地域での活動の傍ら参加しやすいように、週1回✕9週のゆったりしたスケジュールでの研修。
③低価格の研修:受講費は全9回で4000円を予定。
④障害当事者を講師とした研修:Aさん:社会福祉士・障害平等研修(DET)ファシリテーター・障害者相談支援員/Wさん:社会福祉士・障害平等研修(DET)ファシリテーター/Iさん:心療内科専門医 頚椎損傷による全身性の麻痺・車椅子ユーザー/Hさん:元居宅介護事業所管理者。なお、知的障害の当事者の方も、講習のゲスト講師※として登場していただく考えです。(※ゲスト講師:認可元の東京都では、現在は知的障害の当事者を講師とすることは認めていないため、講師を補助する要員として、当講習では「ゲスト講師」として参加いただく予定です。)

シニア世代をメインターゲットに、参加しやすい低価格と実施スケジュールで、講師には障害当事者をできるだけ起用したガイドヘルパー養成研修をやりたいのです。

みなさん、是非、ご協力ください!

クラウドファンディング
地域のシニアに、低価格の【ガイドヘルパー養成研修】を開講したい!

 

2020/02/26

映画「道草」三浦上映会7月5日になりました!

三浦市三崎でドキュメンタリー映画「道草」上映会やります!

諸事情により7月5日(日)になりました!

重度知的障害者が公的介護(重度訪問介護等)を使いながら地域で一人暮らしをする様子を追ったドキュメンタリー映画「道草」の上映会と関係者トークイベント。
重度知的障害者にとって家族と暮らす、入所施設やグループホームなどの施設で暮らすだけではなく、自立生活という選択肢があり、現実に各地で生活している人たちがいることを福祉関係者だけでなく、広く一般の方に知ってもらいたいのです。

対象 一般
この上映会は、上映中に声を出したり、立ち歩いたり、出入りしたり、寝転んだりする人も気にせず参加下さい。ご来場のみなさん、それをご了承下さい」

日時 2020年7月5日(日)
第一回 14:30〜  
第二回 17:30〜

会場 三浦市民ホール

内容
映画「道草」2018年 /95分/ 上映
トークイベント 30分
ゲスト 
成田洋樹さん(神奈川新聞記者)「つくいやまゆり園事件」や知的障害のある人たちの暮らしについて継続的に取材展開中。
聞き手
武津美樹さん(NPO法人精神障害者のあすの福祉をよくする三浦市民の会ぴあ三浦)
中村和利さん(NPO法人風雷社中)

参加費 一般1,000円
障害者は介助者無料(必要数)
未就学児無料

情報保障等
映画上映は音声ガイド、バリアフリー字幕版
トークイベントは手話通訳、UDトーク
※「音声ガイド」は視覚情報をナレーションで説明
※「バリアフリー字幕」は話者名の表記や、効果音・現場音の説明等もあり
※UDトークは音声の文字通訳アプリ
※その他の情報保障が必要な場合は事前申し込み
「上映中に声を出したり、立ち歩いたり、出入りしたり、寝転んだりする人も気にせず参加下さい。ご来場のみなさん、それをご了承下さい」

主催 映画「道草」三浦上映実行委員会

後援 三浦市 横須賀市 三浦市社会福祉協議会

協力団体
・NPO法人障がい者のあすの福祉をよくする三浦市民の会ぴあ三浦
・NPO法人風雷社中
・ゲストハウスRSDビレッジ
・社会福祉法人清光会
・NPO法人三浦市介護サービスセンター 

facebookイベントページで上映に関する情報を随時更新しています。