スキップしてメイン コンテンツに移動

ONLINEセミナー ソーシャルクエスト #1  ソーシャルクエスト「取材報告 福島の11年間~原発事故被害と福島の人たち」

福島原発事故から11年経過しました。 2022年3月に岩波ブックレット『福島 人なき「復興」の10年』を出版された、豊田直巳さん11年間の取材報告です。 豊田直巳さんは、事故直後から福島を取材撮影し、被災した住民との関わりを続けながら、映画「遺言」等でリアルな福島原発事故被害の状況の記録を発表されてきています。 風雷社中は事故後に、大田区へ避難をしていた障害当事者家族との縁から、大田区のNPO関係者と、まだ混乱の中にあった南相馬への訪問調査を実施し、その後、障害のある人の移動困難を解消する為の取り組みに関わりを持ちました。 11年目のいま、福島の状況を改めて共有化し、社会課題としてわたしたちがこれからどのように取り組んでいくべきかを考える機会を持ちたいと考えます。 岩波ブックレット フォト・ルポタージュ『福島 人なき「復興」の10年』 【福島第一原発事故から一〇年が過ぎた。多額の復興予算は、当事者不在の公共事業や検証なく繰り返される除染などに費やされ、さらに原発事故の傷跡を覆い隠す「復興五輪」が強行された。地元住民を置き去りにする偽りの「復興」は福島に何をもたらしているのか。住民らの苦悩と闘いをカラー写真とルポで描く好評シリーズ第4弾。(岩波HPより引用 https://www.iwanami.co.jp/book/b599754.html)】 ※NPO法人風雷社中は「障害のある人たちの人権の実現と差別の解消」に障害福祉サービスの実施を通し取り組んできていますが、障害福祉の枠にとどまらず、人権の実現と差別の解消を横軸とした社会課題の共有化とネットワークづくりとして、ONLINEイベント「ソーシャルクエスト」を2022年度より開始していきます。今回の企画は、そのプレイベントとして実施していきます。 日程:6月26日(日)13:30~ (チェックイン13:00~) 形式:ZOOMセミナー形式(話題提供部分のみYou Tube公開予定) 参加費:1,000円 定員 :80名 プログラム 講演 「取材報告 福島の11年間~原発事故被害と福島の人たち」豊田直巳さん 鼎談(豊田直巳さん 本多清寛さん 茂野俊哉さん)と質疑応答 話題提供:豊田直巳さん 1956年静岡県生まれ。 フォトジャーナリスト、ドキュメンタリー映画監督・制作。JVJA(日本ビジュアルジャーナリスト協会)会員。 1983年よりパレスチナ・中東の取材を始める。その後カンボジア、アチェなど東南アジアや旧ユーゴ、コソボなどの紛争地を取材し、雑誌、新聞、テレビなどで発表。 2011年の東日本大震災以降は、主に原発事故被害の取材を続けている。 平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞(2003年)。 産経児童出版文化賞・大賞(2019年)。 『福島に生きる凛ちゃんの10年~ 家や学校や村もいっぱい変わったけれど』(農文協 2021年) 『福島 人なき「復興」の10年(岩波ブックレット 2022年)他多数。 司会進行:本多清寛さん 1985年、熊本県出身。曹洞宗寺院で育ち、駒沢大学、本山僧堂を経て曹洞宗総合研究センターに入所。婚姻に関する調査を行う過程で、同性婚の問題に気づき、当事者の話を聞くためにゲイバーへ行くと何故かバーテンダーとなって1年が経過していた。その後、曹洞宗宗務庁へ入庁、人権擁護推進本部に配属され、障害当事者の方々と協働した資料作成や、寺院関係者がセクシュアルマイノリティに関する相談事業を行う際の学習テキスト作成などに関わっている。 茂野俊哉:インターネットラジオOpenSession♪代表 情報保障:調整中 後援  曹洞宗   福島を日本へ世界へ実行委員会   映画「遺言」プロジェクト   おおた市民活動推進機構 主催 NPO法人風雷社中 共催 インターネットラジオOpenSession♪ 

このブログの人気の投稿

2021年度ガイドヘルパー養成研修(平日夜コース/平日午前中コース)

東京都指定 知的障害者移動支援従業者(ガイドヘルパー)養成研修 受講者募集 東京都指定事業者番号【東障知学0067】:知的障害者移動支援従業者養成研修課程(通学形式) 知的障害があり、単独での外出が困難な人の外出をサポートするガイドヘルパーになりませんか? この研修の修了者は市区町村が実施する障害者移動支援事業の従業者(ガイドヘルパー)として働くことができるようになります。ガイドヘルパーは電車やバスを使って、一緒に通所施設や学校まで通勤・通学をしたりお休みの日に一緒に散歩やお出かけをしたりする仕事です。 研修を受けて、あなたの空き時間をみんなのために活用しませんか? 全19時間の研修で資格取得可能。障害福祉の入り口となる資格です。   ◯日程   第1回 水曜日夜コース ※最終日のみ土曜日です。ご注意ください   9月 1日(水)18:30-19:50 講義   9月 8日(水)18:30-20:40 講義  9月 15日(水)18:30-20:40 講義  9月 22日(水)18:30-20:40 講義  9月 29日(水)18:30-20:40 講義  10月 6日(水) 18:30-20:40 講義  10月13日(水)18:30-20:40 講義  10月16日(土) 9:30-17:10  演習   会場での対面授業となります  第2回 水曜日午前中コース  10月 27日 (水) 9:30-12:00 講義  11月 10日 (水) 9:30-11:40 講義  11月 17日 (水) 9:30-11:40 講義  11月 24日 (水) 9:30-11:40 講義  12月 1日 (水) 9:30-11:40 講義  12月 8日 (水) 9:30-12:50 講義  12月 15日 (水) 9:30-12:50  演習   会場での対面授業となります  12月 22日 (水) 9:30-12:50  演習  会場での対面授業となります ○講義はZOOMでのリモート形式  パソコン・タブレット・スマートフォンのどれでもご参加いただけます。  ご自身のカメラとマイクが使用できるか事前にご確認ください。  講義中はカメラをONにしていただき、講師とお互いに顔が見える状態で進めます。  ZOOM環境の無い方のお

『風雷社中ヘルパーにインタビューしてみた ~小池さん~』

  『風雷社中ヘルパーにインタビューしてみた』 風雷社中のガイドヘルパーの小池拓さんに 日々の支援ことなど伺ってみました。 ▶普段はなにをしているのですか? 庭野:改めてですが、小池さんって普段どんな仕事しているのでしたっけ? 小池:平日は映像関係の会社で働いています。 庭野:仕事以外のことはどんなことしていますか? 小池:空いている時間は山に入り、野草やきのこ、木の実採って食べたりしてみます。他には絵を描いたり、ぼーっとしたりしています。 庭野:サバイバーですね!あ、 「ガイドヘルパーから始めよう」の漫画 も描いてくれていましたね。 小池:そうなんです、もう4年前になるんですねぇ *「ガイドヘルパーから始めよう」キャンペーンにて、ガイドヘルパーの漫画を描いていた”こいけひろむ”さんでした ▶なぜガイドヘルパーになったのか? 庭野:ガイドヘルパーの仕事を知ったキッカケはなんでしたか? 小池:知り合いづてで縁があり、ガイドヘルパーという仕事があることを紹介されたのがキッカケです。あまり体験したことのない仕事でもあったので。仕事として内勤は向いていないから、なにやら外出する仕事、ということを聞いて興味を持ちました。 庭野:本当に口コミで広がっていくということに感謝です。。。 ▶ガイドヘルパーを始めてどのくらいですか?仕事のペースは? 庭野:ガイドヘルパー始めてどのくらい経ちましたか? 小池:もう、5年ほどやってますねー 庭野:仕事のペースはどのくらいでやっていますか? 小池:週一、土曜に働いています。主に外出の支援です。 庭野:そんなに経つのですね。風雷は週1・月1からでもOK、と謳っていますが、週末の外出ダブルワーカーの方が結構いますね。 ▶現在担当している仕事の内容は? 庭野:小池さんが担当している外出はどんな内容でしょうか。 小池:散歩がてら目的地に行き、一緒にご飯を食べたり、プールに行ったり。時には映画を観に行ったりしています。 庭野:ご飯行けるのはこちらも楽しみですよね。今日もとんかつ食べられたし。 小池:今日は食べに行く支援と分かっていたのですが、手前でちょろっと食べちゃって今めちゃくちゃ腹いっぱいです笑 庭野:牛丼食べてから唐揚げ定食は強烈ですね笑 *本日2人とも一緒の支援現場でとんかつ屋で食事してきました ▶ガイドヘルパーをやってみての感想 庭野:かれこ

馬込桜並木通りの開花偵察

昨晩はF兄貴と夕食後に馬込桜並木通りの偵察に行ってきました(自宅にいる時はホームヘルパー、外出時はガイドヘルパーに変わり身ヾ(*´∀`*)ノ) 蒲田方面からだと馬込は行きづらそうですが、桜並木は大田文化の森から歩いて行ける場所でした! 夜は冷え込みましたが、所々でお花見をしている人の姿も、、、 きれいに満開な木もありましたが、まだ半分くらいが蕾の木が多かったので4月の最初の週末でも良さそうでした(*´∀`*) 仲良しの庭野さんと飲みに行った時 #自立生活#街中華#レモンサワー#烏龍茶 ※庭野さんはプライベートなのでレモンサワーを飲んでいます  ガイドヘルパーはカメラ側にいます。